ユニバーサルスタジオジャパン年間パスポート付きクレジットカード

ユニバーサル年パスのコードがカードの裏についているユニバーサルスタジオジャパン独自のクレジットカードを使っていました。デザインもとても画期的で個人的には大好きで、クレジットカードを使うごとに楽しみがほんとに増していきました。しかしながら、お金をたくさん使うようになり、ある時期、ポイントの確認をしようとしました。すると、大変なことにユニバーサルの会員登録した時と別に、クラブユニバーサルに登録した時のパスワードも必要であり、ごちゃごちゃになってしまい、とても大変でした。ログインするのにもとても苦労していました。やっとのことでログインできて、ポイントを確認したところ、オリジナルボールペンが交換できるレベルのポイントがついていました。しかし、それを交換するのもとても手続きが大変で、せっかく交換するならもっとお金を使って、ポイントをためて、VIPチケットだったり、エクスプレスパス、ユニバーサル独自の監督のイスなどと交換しようと貯めていました。1年たった頃、そろそろポイントが貯まったかなぁと思ってログインしてみたら、0ポイントになっていました。だから、ポイントが全て無駄になりました。せっかく頑張ってお金を無理やり使ったのに無駄になりました。だから、相当のお金持ちで、年にたくさんのお金を使う人にはお勧めしますが、庶民にはお勧めしません。

Amazon MasterCard クラシックの使用感について

現在Amazon MasterCard クラシックを使用しています。

使い始めたのは去年からですが、今の所かなり気に入っています。

以下のような理点があります。

入会特典: Amazonのポイントが5000ポイント付与
年会費: 初年度無料、カードを利用していれば次年も無料
ポイント還元: Amazonでの買い物は2%(プライム会員)、Amazon以外の買い物は1%

後は、Amazon MasterCardはデザインがAmazonのダンボールの柄なのですが、そこが気に入ったというのも選んだ理由の1つでした。

私は現在、買い物をほとんどAmazonで行っているのと、Amazonプライムを契約してプライムビデオを頻繁に利用しているので2%ポイント還元の恩恵が受けられます。

ポイント還元についてはAmazon MasterCard ゴールドの方が2.5%と高いのですが、年会費がかかる(『年会費 11,000円 (税込み)のところ、ご利用状況により、2年目以降から実質 4,400円に』という記載有)ことから、クラシックにしています。

クレジットカードの使用歴について、以前は、スーパーではOricoカード、それ以外はSMBC Visaという使い分けしていたのですが、今はAmazon MasterCard一枚に統一しています。

クレカを統一してみると、明細が1つになることから管理が楽になり、個人的には管理が楽になった結果、支出面をコントロールしやすくなりました。

シンプルにわかりやすいデルタJCBテイクオフカード

私は家計費でクレジットカードの利用が可能な場合にはすべて、1枚のカードに集約しています。若い時から、デルタ航空を使うことが多かったのでこのカードを愛用しています。デルタJCBテイクオフカードはデルタ航空や提携会社のフライトで海外に行きたい人向けのカードです。年会費も安く1650円、付帯サービスも充実しています。海外旅行保険は少額ですが、ついています。海外のJCBプラザを利用することが出来ます。年々マイル事情は変わっていますが、じっくり貯めなくても韓国やサイパンへならすぐに行けます。アメリカ本土を目指すにしても、マイルの有効期限がないのでじっくり(放置)で貯められます。アメリカ以外にもデルタは「スカイチーム」に属しているため、提携しているヨーロッパ、アジアの航空会社のチケットをマイルで購入することが出来ます。日本国内の飛行機に乗ると500マイルが貯まるキャンペーンを毎年行っています。買い物で100円で1マイル貯まるので、毎月スマホでどれくらい貯まったか見るのが楽しみになります。スマホのPayにも対応しています。とにかくJCBはシステムがシンプルでわかりやすくてお勧めです。JCBは海外で使えるところが少ないことが難点ですが、国内では問題なく使えます。

ポイントの有効活用可能

オリコカードを所有して3年が経過しました。当初は別のクレジットカードを使用していましたが、ポイントの有効活用が出来ていなかったこともあり、貯まったポイントを使える場所が多くの選択肢から選べるクレジットカードがないかと探していたところ、オリコカードに行きつきました。
スーパーや家電量販店などでの使用はもちろん、公共料金や携帯電話、保険料の支払いなどすべてをこのカードに集約したため、毎月のポイントもすぐに貯まっていきます。貯まったポイントは主に、ナナコポイントへ交換し春に来る固定資産税や自動車税の支払いに充てています。ナナコポイントに変えられるため一切無駄なく貯まったポイントを使い切れています。
また、Amazonでのネットショッピングもよくしますが、オリコモールを経由してAmazonで商品を購入すると通常のポイントよりも少しだけ多く付与されます。そのため、Amazonを利用する際には必ずオリコモール経由で購入するようにしています。こうしたサービスがある点も非常に私にとっても魅力的でした。
つい2ヶ月前には妻の家族カードの申し込みも行いましたが、手続きも非常に簡素化されておりストレスなく発行まで辿り着きました。
キャッシュレスが広まってきたこともあり、周りの人にもどんなクレジットカードを使っているのか聞かれることも多くなりましたが、自身を持ってお勧めしています。

ニッセンレンエスコートは、機能が豊富でとても便利

成人前に一番初めに作ったカードです。もう長年使ってますが、年会費は永年無料となっていて、自己負担が無くて助かっています。
クレジットの付属はVISAを付けたので、VISAでないと払えない所でも便利です。以前は外のお店などでは気にならなかったのですが、最近ネットの決済などで払えないカードの種類も増えていますので助かります。
ポイントなどは、買い物に応じたポイントが付き、年に一度専用の日専連の商品券がポイント換算で送られてきます。使えない店もありますが、商業施設や系列店のグループ単位で使える場所はあるので困る事はありません。
よく利用額に応じて懸賞やプレゼントなどを開催しています。ついうっかり見逃してしまうのですが、ちょっとしたものが当たったこともあるのでこまめにチェックしたいと思っています。
そして、クレジットカードは割と枚数を持っているのですが、どこにもと言うか最近聞く中でも唯一かもしれないのが、後から支払い方法を、特にボーナス払いなどにも変更できる点です。
回数変更等はネット上で申し込むことができ、最近ネットに多いですが一回払いしかできない所での利用を、後からボーナス払いに変更できるのが非常に助かります。分割は2回までやボーナス払いとその変更は手数料も不要です。
また、盗難などで利用されてしまった場合の保険もついていて安心して使えるカードです。

鉄道や駅ナカで便利なクレジットカード

日本国内だけでも約1,000種類以上のクレジットカードが発行されていますが、どのカードを選べば良いのか迷ってしまった経験はきっとあるはず。
クレジットカードは、利用する目的やシーンにピッタリなカードを選ぶのが基本です。
なぜならば、利用した時にポイントの付与率がかなり変わってくるからです。
また、利用する場所によってはこのカードでないと優遇を受けられないこともしばしあります。
通勤や通学で鉄道を日常的に利用している人にとって持っていると便利なカードはビュー・スイカカードです。
ビュー・スイカカードは切符や通勤・通学定期券の購入をはじめ駅ナカにある商業施設や飲食店を利用した時にもポイントが付与されます。
交通系のICカードとして定着しているスイカも搭載しているので、支払時に財布から現金を出す煩わしさがありません。
また、JREポイントカードを持っているとクレジットカードのポイント以外にJREポイントが付くので二重取りも可能です。
普段の生活や旅行でJRを利用することが多いですが、首都圏で駅構内でグリーン乗車券を購入する時に利便性が高いですね。
駅構内に設置されているグリーン乗車券の販売機は現金が使えない機械が多いので持っていると重宝しますよ。
列車内でグリーン乗車券を購入すると、発売額が異なるのでカードを持っていて良かったと思うことが多くあります。
日常の足として鉄道を利用している方は持っていると色々な場面で役立ちますよ。

アメリカン・エキスプレス・カードは、ゴールドカードに相応する1枚

アメリカン・エキスプレス・カードは一般カードの扱いですが、他社ではゴールドカードに相応するスペックとサービス付帯のある1枚です。私の場合、海外に行く機会が多いので、海外でのサービス充実度の高いクレジットカードを探していました。アメリカン・エキスプレス・カードでは国内外29空港のラウンジの利用が可能ですし、そのほかにも国内外1,200ヶ所以上の空港VIPラウンジを利用できる「プライオリティ・パス・メンバーシップ」に、年会費無料で登録が可能です。
また、海外旅行の際の出発・帰国時は自宅と空港間のスーツケースの宅配が無料なので、重い荷物を運ばなくて済みます。海外旅行保険も最高5,000万円の補償がついてくるので別途旅行保険に契約する必要がないことも魅力です。ポイントも利用代金100円あたり1ポイントが貯まりますし、交換先もマイルに他社ポイントなど豊富です。たしかに年会費は13200円となり、一般カードの中では高額かもしれません。でもそれ以上にクレジットカードの充実度が高いので満足はできています。利用限度額が一律でないため具体的にどのくらいなのかはわかりませんが、高額利用がある場合はアメックスに問い合わせれば増枠もしてくれるなど融通がきくことも特徴でしょう。